スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[CentOS5]Rubyインストール

merbをインストールしたかったため
最新のRubyをソースからインストール。


既にRubyがインストールされているかどうか確認

rpm -q ruby


既にインストールされている場合はアンインストール

yum remove ruby-libs


ソースをダウンロード
(最新版のURLを調べる必要あり)

wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6.tar.gz


解凍

tar zxvf ruby-1.8.6.tar.gz


Cコンパイラがない場合はインストール
(ここでは開発キットをまとめてインストール)

yum groupinstall "Development Tools"


ビルド
(rpm化するためオプション付加)

./configure --prefix=/usr
make


checkinstallを使ってRPM化
(Rubyは「make install」でインストールするとインストールしたファイルを
参照しながらインストール処理を続けるらしいので「--fstrans=no」オプション)

checkinstall --fstrans=no


ここで色々聞かれる
デフォルトのパッケージドキュメントを作るか
(特に問題ないため)

y


パッケージタイプ
(rpmのため)

r


パッケージについて詳細な情報を入力
(特にないため)

Enter


※checkinstallを導入していない場合
http://mymo.blog8.fc2.com/blog-entry-2.html

作成されたRPMをインストール

rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.6-1.i386.rpm


後片付け
(後々zlibやopensslのインストールが必要になる可能性があるため
ruby-1.8.6*を残しておくのもあり)

rm /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.6-1.i386.rpm
cd ../
rm -rf ruby-1.8.6*

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jou4

Author:jou4
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。